初心者が知っておくべき

サーフィンは今日最もエキサイティングでタフなスポーツの1つです。素早い反射神経とボードの完全な習得が必要なだけでなく、同じ波がないため柔軟性も必要です。 

このウォータースポーツを始めるために、初心者として必要ないくつかのヒントがあります。準備ができてサーフィンを始める準備ができたら、バリレンボンガンサーフまでご連絡ください。すぐに始められます!

適切なサーフボードを見つける左右し

サーフボードはあなたのサーフィン体験をます。初心者のサーファーとして、あなたはサーフィンのベテランやプロが使用する最高のサーフボードを試してみたいと思うでしょう。しかし、プロにとって完璧なサーフボードは、初心者にとって自動的に最良の選択肢ではありません。 

使用する適切なサーフボードを選択するときは、ボードのボリュームとロッカーを考慮する必要があります。ボードの浮選は、ボードの長さ、幅、厚さによって決まる体積に依存します。ボードが長く、厚く、幅が広いほど、ボリュームと浮力が大きくなり、ルーキーサーファーにとって理想的です。

それに加えて、ボードのロッカーやカーブもフラットである必要があります。サーフィンのレベルを進むにつれて、カーブしたロッカーのあるボードを進みます。サーフボードのこの側面は、経験豊富なサーファーである場合に限り、追加のパフォーマンス上の利点を提供します。初心者の場合、カーブしたロッカーは速度を落とすだけなので、表面が平らで扱いやすいボードが必要です。

最後に、ひもを忘れないでください!それはあなたをあなたのサーフボードに接続するので、あなたが一掃されたときにそれを見つけるのに問題はありません。ボードから投げ出されたら、ボードに注意してください。水中にいるときに寺院を保護しないと、頭部に怪我をする可能性があります。

初心者の波をサーフィンする

新しいスポーツを学んでいるとき、誇大広告と興奮に襲われるのは簡単です。しかし、サーフィンの近道をすることはあなた自身だけでなく他のサーファーにも深刻な怪我をもたらす可能性があります。だからこそ、自分のレベルに合った波に乗ることが最も重要です。小さな波は初心者にとって理想的であり、これはあなたがあなたの基本的な練習のほとんどをする場所です。 

ビッグウェーブで経験豊富なサーファーに加わりたいと思う限り、水中に入ったらサーファーから離れてください。あなたは波に捕まるだけで、他人に危害や怪我を引き起こす可能性があります。あなたの車線にとどまり、忍耐強くなることが重要です。時間とエネルギーを費やす限り、最終的にはその段階に到達します。

ドライランドファーストでの練習

サーフィンは他のフィジカルスポーツと同じように、真っ先に行動する前に準備する必要があります。水に突入しないでください。サーフボードを手に取って波に乗る前に、必要なストレッチと運動をすべて行ってください。 

ただし、このアドバイスは、サーフボードを手にした瞬間に水に行きたがっている人にも当てはまります。適切に水をサーフィンする前に、まず砂の上で練習する時間が必要です。あなたのインストラクターがビーチの基本を案内し、あなたがそれらをマスターしたときにのみあなたは水をサーフィンすることができます。

コメントする